テーマCOCOONでブロックウィジェットエディターが表示される!?原因と対処法

ブロックウィジェットエディタ_アイキャッチ

こんにちは!

萩今(はぎいま)と申します!

当ブログは立ち上げてからずっとCOCOONなのにブロックウィジェットエディターでした。

実はテーマがCOCOONでブロックウィジェットエディターが表示されるのは異常なんです!

ただ、それに気付かず使っていたという人もいるのではないでしょうか?

当ブログも数ヶ月気付きませんでした。

ハギちゃん
ハギちゃん

無知って怖い…

原因と対処法を解説します!

先に言っておきますが、COCOONに「Classic Widgets」を入れるのは間違いです!

もしCOCOONで「Classic Widgets」を入れちゃっている人がいたら是非解決法を読んで欲しいです!

あくまで当ブログで起こっていた事象なので他の原因ってこともあるかもしれません。

ご了承ください。

この記事はこんな人に向いています!

  • COCOONでブロックウィジェットエディターが表示される
  • COCOONでプラグイン「Classic Widgets」を使っている
  • COCOONの親テーマが何故か二つ(後述します)
ハギちゃん
ハギちゃん

それではどうぞ!

ブロックウィジェットエディターって?何故表示されるのが普通じゃないの?

そもそもブロックウィジェットエディターって何?なんでCOCOONで表示されちゃダメなの?

ってところを解説します。

それより解決法が見たい!って人は読み飛ばして下さい。解決法はこちら

みなさんはブロックウィジェットエディターってどの画面の事かわかりますか?

管理画面から「外観>ウィジェット」を選択するとこんな画面になるんです!

WordPress 5.8 ではブロックウィジェットエディターが標準のようです。

でもブロックウィジェットエディターは各テーマと合わせるとバグがまだ多いようで、いろんなテーマで使用非推奨って言われているのを見かけました。

COCOONもブロックウィジェットエディターは使用を見送ると言われていますね。

(下記リンクです)

https://wp-cocoon.com/community/postid/53534/

正しいウィジェットの管理画面はこちら

ハギちゃん
ハギちゃん

ぜーんぜん違うね

プラグイン「Classic Widgets」を入れる対処法は間違い!!

従来のウィジェットの画面に戻すには「Classic Widgets」ってプラグインを導入すればいいよ!って記事をいくつか見かけました

でもちょっと待った!

それ、COCOONは対象外です!

ハギちゃん
ハギちゃん

なんだってー!!

COCOONでは「Classic Widgets」を入れなくても従来のウィジェット画面になるはずなんです。

COCOONのこちらのページに書いてありますね。「Classic Widgets」はインストール不要のプラグインだそうです。

えっ、じゃあなんで表示されるの…?ってなりますよね。

と思って原因を調べたところ、ブロックウィジェットエディター以外にも影響が出ていそうな原因でした!!

つまり、COCOON に 「Classic Widgets」 を入れてブロックウィジェットエディターの表示を戻したり、このままでもいいやとそのまま使っているとほかの問題が残ります

実はおかしくなってしまったのはウィジェットの画面じゃなくて、COCOON自体なんです。

そのため、そのまま放置するのは危険です!!

この章のまとめ

  • ブロックウィジェットエディターは 使用非推奨
  • COCOON に 「Classic Widgets」 は入れないで!
ハギちゃん
ハギちゃん

次はどうして危険なのか、問題の原因から解説するよ!

原因|COCOONの親テーマが何故か2個!

COCOONでブロックウィジェットエディターが表示される原因はコレだった!ネタバレ:実は更新失敗してる

ここからはなぜCOCOONがおかしくなってしまったのか解説します。

そろそろ解決法が見たい!って人は読み飛ばして下さい。解決法はこちら

管理画面から「外観>テーマ」を見ると

COCOONの親テーマが何故か2個ありました!

これはあきらかにおかしいですね!

どうやらバージョンが違うCOCOONの親テーマが2つあり、子テーマは古いバージョンの方を親だと思ってるみたいです。

この状態だとテーマは古い方が使われていますが、最新のCOCOONも存在しているので更新通知は来ません

つまり、更新したのに最新バージョンを使えていないんです。

ハギちゃん
ハギちゃん

ブロックウィジェットエディターになってたのはCOCOONの更新がうまくいってなかったからなのね…。

テーマが2つあるのがおかしいのはわかりましたが、なぜ2つあるのか、更に調べたところ。

サーバのテーマフォルダに「cocoon」「cocoon-child」「cocoon-master」が居ました。

ハギちゃん
ハギちゃん

誰なの…。

COCOONのフォルダ名は正しくは「cocoon-master」と「cocoon-child-master」です。

つまり、どういうことかと言うと。

COCOONインストール時に何故かフォルダ名が間違っている「cocoon」と「cocoon-child」としてインストールされた。

その後、テーマの更新をする。

通常は親テーマファイルを上書きするところ、更新ファイルは正しいフォルダ名「cocoon-master」のため今いる親テーマファイル「cocoon」が上書きされない

「cocoon-master」が新たにできる。「cocoon」はそのまま。wordpressは更新できたと思い込んでいる。

(ついでに私も更新できたと思い込んでいる。)

っていう状況でした。

なんで最初にmasterがついてないテーマが入っていたのかはよくわかりませんが……

追記:わかりました!masterがないのはサーバ側(ConoHa WING)の不具合だったようです!

とにかく、フォルダ名が間違っていると更新できないみたいですね。

つまり、この事象を放っておくとCOCOONがずっと更新されないままになります。

ハギちゃん
ハギちゃん

だから放置は危険なんだね!

この章のまとめ

  • 管理画面の「外観>テーマ」で親テーマが二つあったら異常!
  • COCOONはフォルダ名が違うと更新失敗する。
  • 更新通知が来るたびに更新していても、更新できていない場合がある。
ハギちゃん
ハギちゃん

次はいよいよ対処法です!

対処法|バックアップをとってテーマを修正!

既に良い対処法を記事にしている方がいらっしゃいました!

萩今がやった対処法より簡単だと思います!

ズボラハック、べる様のこちらの記事です。是非参考にしてください!

↓↓萩今がやった対処法は以下の通りです。

もうテーマをインストールし直した方が早いと思ったのでそうしました。

重要

実行前に必ずワードプレスのバックアップをとってください!

バックアップについてはこちらのサイトがとってもわかりやすいです。

次にテーマ設定のバックアップをとります。

ダッシュボードから「COCOON設定>バックアップ」を選択。

「バックアップファイルを取得」ボタンを押下。

これでバックアップファイルがダウンロードされます!

cocoon_settings.txtってファイルがダウンロードされるので大事に取っておいてください。

※ここでのバックアップはあくまでCOCOON設定のバックアップです。

吹き出し、テンプレート等、他の設定はバックアップされません。

参考サイト

(……って書いてあるはずなんですけど、何故か私は吹き出しの設定も無事でした。)

これで準備は整ったので一度COCOONとは関係ないテーマを有効化して、COCOON達(3つとも)を削除します。

右下の削除を押すと削除します。

※一度別のテーマを有効化しないと削除の文字は現れません。

ハギちゃん
ハギちゃん

しばしのお別れ

そしてもう一度COCOONをインストールしましょう。

インストール方法はこちら

インストールし直したのでサーバのフォルダを確認!

masterになってました!

ハギちゃん
ハギちゃん

よかった!

ちなみにこの画面の出し方はサーバによって違うので割愛します。

この画面まで行かなくても、wordpressの管理画面からCOCOONの更新をかけて、親テーマが二つにならなかったら問題ないです!

ウィジェットの表示もこのとおり!

今はバージョンが古いウィジェットが割り当てられているので、今設定されているウィジェットは削除して再度設定ししたらよさそうです!(タブボックスなど表示が大きく変わってました)

あとはCOCOONの設定を戻しましょう!

バックアップした設定ファイルをインポートします。

ファイル選択ボタンを押下→先ほどバックアップを取ったテキストファイル( cocoon_settings.txt )を選択。

設定の復元ボタンを押下

上部に設定をリストアしましたと表示されれば完了です!

COCOON設定をご確認ください。

ハギちゃん
ハギちゃん

完全復活!

補足

「Classic Widgets」を入れている人は無効化してから表示が正しいか確認してくださいね。

まとめ|同じテーマが複数あるのはおかしいと疑おう

おさらい!

こんな人はテーマを修正してください!

  • COCOONなのに管理画面の「外観>ウィジェット」でブロックウィジェットエディターが表示される。
  • COCOONなのにプラグイン「Classic Widgets」を使っている。
  • 管理画面の「外観>テーマ」で親テーマが二つある。

なかなか気づきにくいですよね。

私、テーマのバージョンが古いことに数ヶ月気付かなかったんですよ。

私はウィジェットでオススメの構成を調べようとしたら皆さんと画面が違うな!?って気付きました。

調べると「Classic Widgets」を入れるといいよ!って記事(※)が何件も出てくるのでやりかけましたがうっすら「不要プラグインだった気がする!」という記憶があってセーフでした。

※補足 COCOONに 「Classic Widgets」 を入れて対処するのがおかしいだけでテーマによっては 「Classic Widgets」 で合ってるので記事が間違っているわけではないんですよ

もし 「Classic Widgets」 を入れていたらずっと更新できていないことに気づかなかったのかもと思うと恐ろしいです。

いやでも…同じテーマが複数存在するのは明らかにおかしいですよね。

特に不都合が起きてなくても、なんかおかしいな…って思ったら調べてみるのがいいのかもしれません。

とはいえ、私は仕事でサーバのフォルダを触ることもありますので、何となく調べ方がわかりましたが…本当に全くの初心者さんにコレに気付けって難アリだと思います。

というか私もかなり手探りでしたし、「もう絶対原因違うけど「Classic Widgets」入れようかな…」って途中で諦めかけてました。

ハギちゃん
ハギちゃん

あきらめないでよかった…

この記事で同じ現象で困っている人を助けられたら…と思っています。

ひとまず、私のテーマが正常に戻ってよかったです! それでは!

ハギちゃん
ハギちゃん

またね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました